ホットフラッシュの症状が重い場合

あまりに症状が重い場合はセルフケアではなく医師の診断を仰ぎ、漢方薬や内服薬も検討してください。
漢方薬であれば、加味逍遥散(カミショウヨウサン)、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)が更年期障害の治療に良く使われています。
漢方薬は閉経前の女性に効果的ですが、もし閉経をむかえているのであればHRT(ホルモン補充療法)も対象になります。
薬物療法もメリットは比較的短期間で効果が表れやすいことです。その点ではホットフラッシュに最も効く治療法とも言えます。
また、プラセンタ注射もホットフラッシュ治療の対処法として選択肢に上がりますが、メリットとデメリットがありますのでお医者さんの相談しましょう。

HRTでは、病院でホルモン値を測る血液検査をして、診察してもらい、更年期障害の診断が出ます。そこから治療スタートで、ホルモン補充療法が主に行われます。女性ホルモンのエストロゲンが減少するために起こる病気なので、もっとも有効な手段だと言われており、内服薬として飲んだり、注射を打ったりしてエストロゲンを体に取り入れます。貼り薬や塗り薬を使うような場合もあります。

医薬品に抵抗がある人は、漢方薬や更年期のサプリで更年期障害対策をすることも可能ですし、医薬品と併用するパターンもあります。ただ症状が重い場合は、やはり医薬品に頼る必要があるでしょう。更年期障害で心の病を発症してしまった場合は、心療内科や精神科を受診し不眠症解消の睡眠導入剤、悲しみやイライラを抑える抗うつ剤・抗不安剤などが処方されます。加えてカウンセリングでの治療を始めることとなりますので、一人ではないと言う安心感を得られるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です